神式葬儀のおおまかな流れ

日本で行われている葬儀の90%以上は仏式で行われていて、神式のものは約2%ほどとされています。
ややマイナーな神式葬儀ですが、どういった流れで行われていくのかを紹介したいと思います。
神道では死を穢(けが)れとして禁忌しているので、神社では行わず斎場や自宅で行われます。
先ずは通夜にあたる通夜祭が行われます。
通夜祭では神職が祭詞を奏上し、次に玉串ほうてんを行います。
玉串とは榊の枝に白い紙の札をつけたもので、焼香と同様に遺族や参列者も行います。
玉串ほうてんが終わったら、故人の霊を霊璽(れいじ・神式の位牌)に移動させる遷霊祭(せんれいさい)を行い、通夜祭は終わります。
次には葬儀告別式にあたる葬場祭(そうじょうさい)が行われます。
葬場祭でも神職による祭詞奏上と、神職や遺族などによる玉串ほうてんが行われ、次いで場所を火葬場に移し火葬祭が行われます。
火葬祭でも祭詞奏上と玉串ほうてんを行います。
そして忌明けの五十日祭に埋葬祭を行い一連の儀式の終了となります。