日本における神式の葬儀について

お葬式といえば多くは仏式が多いですが、神式で行われるお葬式もあります。
神式の葬儀は「神社神道」の祭祀である「神葬祭」の儀礼をさします。
「神社神道」とは、神社本庁が包括する全国の神社で執り行われる祭祀儀礼を中心とした信仰です。
「教派神道」といわれる天理教や金光教などの神道系教団とは区別されています。
「神葬祭」の流れとしてはご遺体の搬送、枕直し、帰幽奉告、納棺、通夜祭・遷霊祭、葬儀祭、出棺祭、火葬祭、埋葬祭、帰家祭、直会という流れに基づいて行われています。
葬場祭においての流れとしては地域や神社にもよりますが、それぞれの関係者の入場から始まり、開祭の辞、斎主による修祓(おはらい)、降神の儀、斎主による祭詞奏上、誄歌奏楽、弔辞奉呈、弔電奉読、玉串奉奠、昇神の儀、斎主・斎員退場、喪主・葬儀委員長挨拶、閉祭の辞、一般玉串奉奠、遺族・親族代表挨拶となります。
お祓いや玉串奉奠などは神式の特徴です。
仏教においてはお焼香という行為がありますが、神道においては玉串奉奠があり、やり方は祭壇に玉串を捧げ拝礼します。
拝礼は二拝のあと忍び手で二拍し一拝します。
ここでいう玉串とは紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけた榊の枝のことです。
注意すべきこととして神社では「神葬祭」は行うことはできません。
自宅又は一般の斎場を「祭場」として執り行います。