神式で行う葬儀について

日本ではほとんどが仏教なので葬儀も仏式で行うことが多いですが、中には神道の方もいます。
この神式で行う葬儀のことを「神葬祭」と呼び、仏式と神式には葬儀の意味合いが全く異なっているのです。
仏式の場合は故人を極楽浄土へと送るために葬式を行いますが、神式では故人の霊をその家の守護神とするために行う儀式になります。
本来仏式はお寺で葬式を行うのに対し、死を穢れと考えるので神葬祭は神社では行わず故人の自宅か斎場で行うのも特徴的な違いです。
その他の違いとしては仏教の場合は戒名や法名をもらいますが神道ではおくりなというものを必ず付けられます。
これは性別や年齢などによって決められることが多いです。
また、実際に式に参列する際には仏教と異なる点を事前に把握しておく必要があるでしょう。
式の流れはもちろんマナーも変わってくるので気をつけてください。
宗教が異なるので場合によっては弔意を伝える挨拶などでも失礼にあたることがあります。