神式の葬儀の歴史とマナー

葬儀は宗教によって何種類かに分かれていますが、その中の一つである神式葬儀とは、日本古来の独特の宗教である神道で行われるものです。
なお、皇室が神道であることは有名です。
神式では、仏式の通夜にあたるものを「通夜祭」と呼びます。
神道では、死をけがれたものとしているため、通夜祭は神社ではなく、自宅か、斎場で行われます。
通夜祭では、式の前に「手水の儀」というものを行います。
これは参拝者が身を清めるために行うもので、入り口に用意された手桶で水をくみ、手を洗い、口をすすぎます。
また、仏式の焼香にあたるものとして、「玉串奉奠」が行われます。
玉串とは、榊の枝に紙垂(しで)と呼ばれる白い紙をつけたもので、神の霊が宿るとされています。
参拝者はこれを祭壇に捧げ、故人の冥福を祈ります。
玉串奉奠は立礼で行われます。
神式葬儀の基本的な作法として、しのび手でニ礼拍手一礼を行います。
音をたてない拍手のことを「しのび手」といいます。
弔事の場合は必ず「しのび手」で行います。
また、仏式で用いる数珠は使用しません。
お悔やみを述べる時も「冥福」や「成仏」「供養」などの仏教用語は使わないようにします。